ヒートテックの前後がいまいちわからない志摩です!

さて今回は個人的に疑問に思ってたこれ
FullSizeRender

そう
奴隷がよく回してる​なんかの棒​です

奴隷はなぜかこの​なんかの棒​を回してますが
これなに?

なんのために回してるの?

これをまず調べずに考察してみます

説1 筋トレマシーン

まず思いついたのがこの説です
奴隷は体力がいることをするだろうから、鍛える必要があるのではないかと
特にグラディエーターみたいに闘う奴隷の方々は体力が決め手なのでけっこうそれっぽい気がします
でも奴隷が強くなったら反乱しちゃうんじゃない?って思うとこもあります

説2 ものすごくでかいすり鉢
はい
なにを潰してるのかわかんないですが、食べ物潰すときに使うローラーのでかいやつっぽい見た目なのですり鉢説です
大の大人が数人がかりでなにを潰してるのかが非常に気になります
小麦粉かなとかおもったんですが、すげー重そうだし小分けにして一人一人が潰した方が効率良さげですね

説3 自動ドアやエレベーター説
ドアやゴンドラなんかに繋がっていて回したら動くというのが貴族たちの間で流行したのではないかという説です
ただ嫌な主人が来たらドアで挟んだり、ゴンドラ落とすから危ない気がします
なにより使用する時しか使わずに済むので一日中回してるイメージが損なわれちょっと違うというかなんかヤダ


説4  地球を回している
実は彼らが地球を自転させた人々ではないかという説です
一定の速度まで加速させれば無重力空間である宇宙では長期間回転し続けると思います
それまで回転してなかった地球は太陽の方を向いてる側に住んでる人達的にはめっちゃ暑かった

この暑いのどうにかならんかね?ということで.、反対側が寒いことを知りじゃあ地球回したら全体的にちょうどいい感じになるんじゃね?ってなり地球回転化計画が実行された

しかしヨーロッパあたりで回したら縦回転になりそうだから少し無理があるかもしれません



さて
そろそろまじめに​なんの棒​か正体をググってきます




んーなんか
さまざまな説があって正解よくわかんないですけど
多分、風車や水車が発明される前は人力だったって説が1番それっぽいですね
てことは割と説2や3が近いということでしょうか

そもそもこの​なんかの棒​って実在したんでしょうか?