SILVER SLASH

【SLASH】のオフィシャルブログ

■ 徳島県徳島市大和町1丁目5-25 
■ 営業時間 10:00~21:00
■ 定休日 木曜日 
■ 駐車場 4台
■ TEL & FAX 088-624-6001
■ info@silver-slash.com

徳島中心部にあるシルバーアクセサリー専門店です。
オリジナルブランド【SLASH】を中心に取り揃え、彫金教室も行なっております。


ブランド名である【SLASH】はアクセサリーに対する今までの概念を『ぶった斬る』という意味を持っています。
人間の作った道具や芸術、動物の角や牙など生きるための進化や知恵、自然や生命などの万物の創造を表現しているのが特徴のアクセサリーとなっています。

修理・オーダーメイド作成も承っております。
お気軽にご連絡ください。

SLASH
■ 徳島県徳島市大和町1丁目5-25 ■ 営業時間 10:00~21:00
■ 定休日 木曜日 ■ 駐車場 4台
■ TEL & FAX 088-624-6001
■ info@silver-slash.com

お久しぶりネシア

我ながら文章を考えるのが苦手なのもありすっごく放置しておりましたが、新しい技術をマスターとまでは言わずとも習得して参りました。

彫金教室にも来て頂いてるケンジさんに連れて行ってもらうというなんとも他力本願な旅でしたが有難いことにとても充実した旅となりました

初日はホテルで寝ただけなんですが
IMG_5939
IMG_5933
まさかの見たことない超高級ホテル....
この部屋何万するんだ...と聞いたらなんと6000円台!
一人部屋にはもったいない気がするくらいの広さでした

翌朝はホテルの屋上からIMG_5937
建物もいい感じにインドネシアらしい
IMG_6004
IMG_6007
上からじゃ分かりにくいので別日にとった写真

そしてUCシルバーさんという工房へ見学にいけるとのことで行ってみたら...
IMG_5940
IMG_5941
な、なんじゃこりゃあ!!!

一個の建物が体育館ばりの大きさで細部まで彫刻されてる!
バリと掛けた訳ではありますけども
ここUCシルバーさんは世界中で商品が売られてるのだとか
観光客もたくさん来てました
IMG_5944
IMG_5948
IMG_5945
工房もすごく大きい
造りも繊細なのに早い
いやー本当に勉強になりました。

翌日はバリ在住の日本人の大富豪の方の家に
美味しい手料理もご馳走になり仕事のアドバイスを頂いたりしました
その方の家の近くのビーチをバギーで走ったのがめちゃくちゃ気持ちよかった
IMG_5988
IMG_5990

ウユニ塩湖みたいな、地面に空が反射して綺麗に写る!
天候と時期が奇跡的にタイミングが合ってないとなかなかならないみたいで、かなり運がよかったです!

次の日記はガムランボール作りを書きます


鉄十字キラー、シマッ!です

だんだん名乗り口上がわかりにくくなってきましたがそんなことよりも
久しぶりのリングの新作です
ミリタリーリング
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

ミリタリーシリーズのややシンプルなリング
ゴツいリングが多いSLASHですが、この手のリングはなんといっても使いやすい

どの指にも似合うくらいの太さでピンキーリングで使用していただいたりもしております
着用したときの大きさは
FullSizeRender
こんな感じ
幅は55mmです

僕も最近は手作業しやすいのでこのリングばっかり使用してます




犬歯の裏を舐めると唾が出て喉が潤う
どうもモートゥルコマンドー志摩です!

今回は初期からの定番アイテムだったスカルxリボルバーペンダントの復刻版の紹介です

FullSizeRender
デザインの変更点としてはグリップにスターが入りました

FullSizeRender


FullSizeRender
構造も少しかわっており、スカルがクルクル回るギミックだったのですが、撃鉄の星に小さなかぎ爪がついているのですが、このかぎ爪がスカルの頭頂部の溝にはまって固定できるようになり、勝手にクルクル回る事がなくなり裏でも表でも位置を固定できるようになりました

以前のはスカルの回転が良いように作ったのですが、回転が良すぎて今度は向きを固定できた方がよいのでは...と最近気付いたのです汗
実際シリンダーって回転するのは撃鉄が上がっている時だけですし

ちなみに以前のバージョンはこちらです
IMG_4827
見比べたら全体的にも太くがっしりした感じに変わりました

着用した感じは
FullSizeRender
大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい大きさになっております






このページのトップヘ